投票は終了しました

「水ようかん」と聞いたら、どの季節を思い浮かべますか?一般的には夏のイメージが強い「水ようかん」ですが、福井では「水ようかん」を、「冬」に食べる風習があるんです。
羊羹のイメージを裏切る、水分たっぷりでとろけるような柔らかさと甘さ。箱のデザインや味のバリエーションもお店によりさまざまで、皆で「水ようかん」の食べ比べに花を咲かせることも。「水ようかん」は、福井の食文化を支える、代表的な街の風物詩の1つです。

福井の水ようかんは一般的な練羊羹と比べて糖度が低く作られていて、糖度が低いということは、常温では日持ちせず冷蔵が必要、つまり保存が効きません。冷蔵庫がなかった昔は、室外の廊下や納屋を冷蔵庫がわりにして保存していたようです。福井の冬の気温は0~10度、室内温度も10度台と保存に最適な冬の気候も幸いし、冬に作られ冬に親しまれるようになったといわれています。


福井では冬になると、おこた(こたつ)の上にみかんと一緒に「水ようかん」が登場するのがお約束だそうです。平箱の蓋を開け、透明なフイルムをめくると、そこには一面の水ようかん。付属の竹ヘラで切れ目に沿ってスーッとすくい、ヘラに乗せてお口へ向けてつるりと食べるのが福井流。羊羹のイメージを裏切る、水分たっぷりでとろけるような柔らかさと甘さが口いっぱいに広がります。黒糖のコクと餡のやさしい甘さが醸し出すのどごしの良さで、気付いたら一箱全部食べ切ってしまうこともあるとか。それくらい福井県民から愛されているのが「水ようかん」です。


開発着手したタイミングがちょうど水ようかんシーズンが終わるギリギリのタイミングだったので、試食用の水ようかん入手のため何軒もお店を回りました。実際に試食してみると、皆味わいが様々で一様ではないことに驚きました。ただ共通していたのは、ほどよい黒糖の甘さでした。この甘さの加減を調整するため、沢山の試作と何度も試食を繰り返し完成しました。ポテトチップスで再現してみたこの味わいをぜひ食べてみてください!

#地元チップス あなたのアイデアが、ポテトチップスに!

JIMOTO PR

キャンペーンは終了しました
                 

JPN tweet

Twitterで投稿された、みなさまの地元の味への“愛”をご紹介!

閉じる