佐賀

おやつにも、おかずにも、おつまみにも!辛さが後引く、佐賀県民の定番の味

ミンチ天味

Q
商品化された味は地元でどのように愛されているの?
A

子どもから大人まで、幅広く愛されています!

ミンチ天は、魚肉のすり身に玉ねぎなどの野菜と唐辛子を加え、パン粉をまぶして揚げたソウルフードです。子どものおやつにも、お酒のつまみにもなり、お弁当や食卓のおかずにもなる、使い勝手のよい優れものとして定着しています。

Q
この地元の味を食べるには!
A

こんがりと焼き目をつけて。

地元のスーパーの日配品コーナーで売られているほか、お取り寄せができるものもあります。冷蔵あるいは冷凍のため、しっとりしていますが、オーブントースターやフライパンでこんがり色がつく程度に焼くことで、パン粉がカリっとした状態に戻り、より一層美味しく食べることができるんです。

Q
佐賀県からのメッセージ
A

今夏は佐賀で盛り上がりましょう!

2019年の夏、約2万人の高校生が集う「第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)」が佐賀県で初めて開催されます!
この高校生の文化芸術の祭典では、吹奏楽、美術・工芸、書道など23部門が開催されます。
詳しくは公式HP https://sagasoubun.jpまで。
高校生はもちろん、大人も子どもも「2019さが総文」で交流の輪を広げませんか。
また、各種SNSでも情報発信中です。LINEで大会マスコットキャラクター「あさぎちゃん」と友だちになって話しかけると…!?
LINEで「あさぎちゃん」を友だち追加するには、
https://line.me/R/ti/p/%40hje4174xにアクセスしてね!

  • 佐賀県の味