兵庫

ビーフカツにアツアツのデミグラス系ソースをたっぷりかけた「加古川かつめし」の味。
ビーフカツにアツアツのデミグラス系ソースをたっぷりかけた「加古川かつめし」の味。

加古川かつめし味

Q
商品化された味は地元でどのように愛されているの?
A

誕生から70年!学校で、家庭で、愛され続けるソウルフード。

古くから、神戸ビーフ等の良質な牛肉を生産していた加古川市。
戦後間もない頃、市内の洋食店が、手に入りやすい牛肉を使った洋食を市民に気軽に食べてほしいという思いから「かつめし」を考案しました。
今では、市内外の飲食店100店舗以上で提供され、学校給食や家庭でも親しまれています。

Q
この地元の味を食べるには!
A

自分好みの味を見つける楽しさ!お店で、家庭で、食べ比べを楽しめます♪

かつめしの命は何と言っても牛カツにかけるアツアツのたれ!デミグラスソースベースのたれの味は、提供店によって様々な個性が。スーパーで専用のたれが販売されているので、そのままかけてもよし、色々なソースとブレンドしてもよし、家庭でも自分好みの味を楽しめます!

加古川観光協会かつめし特設サイト
http://kako-navi.jp/katsumeshi.html

Q
兵庫県からのメッセージ
A

加古川市は、市の中央を兵庫県下最大の一級河川「加古川」が流れ、国宝鶴林寺に代表される歴史的な観光資源や、播磨富士と呼ばれる高御位山などの豊かな歴史や自然に恵まれています。
肥沃な大地に育まれた食材を活用したご当地グルメは、かつめし以外にも「加古川ギュッとメシ」や「恵幸川鍋(えこがわなべ)」等があります。
ぜひ加古川市へお越しください!

加古川観光協会ホームページ http://kako-navi.jp

  • 加古川
  • 鶴林寺本堂
  • 兵庫県の味