愛媛

小魚のうまみぎっしり これぞ愛媛の味
小魚のうまみぎっしり これぞ愛媛の味

じゃこ天味

Q
商品化された味は地元でどのように愛されているの?
A

南予地方の代表的な郷土料理

じゃこ天は、瀬戸内海で獲れたホタルジャコなどの小魚を、骨や皮ごとすり潰して、油で揚げた練り物です。カルシウムが豊富で、風味や歯ごたえがよく、子どものおやつや酒の肴にも最適です。そのまま食べたり、うどん、鍋物、煮物にも使われたりと南予地方では、日々の食卓に欠かせないものとなっています。

Q
この地元の味を食べるには!
A

揚げたてじゃこ天を食べるなら愛媛県へ!

南予地方の道の駅や観光施設等の一部で、揚げたてのじゃこ天をその場で食べることができます。揚げたてのじゃこ天は、ふんわりとした食感で魚の旨みや香ばしさがより感じられ、別格の美味しさです。また、愛媛の味として、多くのお土産屋さんや地元スーパーでも購入できます。

Q
愛媛県からのメッセージ
A

温暖な気候、青く美しい海、豊かな自然に恵まれた愛媛県。
「日本書記」にも登場する歴史ある道後温泉や、西日本最高峰の石鎚山、じゃこ天や柑橘をはじめとする旬な食材など、愛媛県は多くの魅力にあふれています。
のんびりと自然に癒されたい方、本場のじゃこ天の味を堪能してみたい方!愛媛県へ是非お越しください。

いよ観ネット
https://www.iyokannet.jp

  • 愛媛県の味