長崎

ジューシーなステーキとレモン風味の醤油ソースの味わい
ジューシーなステーキとレモン風味の醤油ソースの味わい

佐世保レモンステーキ味

Q
商品化された味は地元でどのように愛されているの?
A

佐世保市を中心に広がる名物料理です。

昭和30年代の佐世保。当時佐世保港に駐留していたアメリカ海軍の影響で流行したステーキを、日本人に合わせてすき焼き風にアレンジして、レモンステーキは生まれました。薄切り肉を鉄板の上に置き、焼きあがる直前にレモン風味の醤油ベースのソースをかけて。飛び跳ねるソースに注意しながら焼き上げるのも醍醐味です。

Q
この地元の味を食べるには!
A

専門店でも家庭でも楽しめます!

「れすとらん門」で誕生した佐世保レモンステーキは、現在では佐世保市内を中心に、洋食レストラン、居酒屋、ステーキハウスなど、多くの飲食店で提供されるようになり、長崎を代表するご当地グルメの1つになりました。それぞれにお肉の厚みやレモンソースの味にこだわりや違いがあるのも特徴です。
佐世保レモンステーキが食べられるお店の情報は下記のサイトをご覧ください。

レモンステーキ大特集!
https://www.sasebo99.com/gourmet/lemonsteak/

Q
長崎県からのメッセージ
A

2018年7月、第42回世界遺産委員会において、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(12構成資産)」が世界文化遺産に登録されました。
17世紀から19世紀のキリスト教の信仰が禁じられていた日本で、密かにキリスト教の信仰を続けていた独自の信仰がどのように始まり、広がり、終わりを迎えたのか。世界遺産を巡る長崎の旅へぜひお出かけください。

  • 長崎県の味
  • 福岡県の味