MENU

今日の晩ごはん: 伊勢うどんと伊勢カレーうどん

目次

伊勢神宮帰りに買ったお土産の伊勢うどん

超雨風の凄い日に行ったのですが、とにかく伊勢うどんのお土産は一つ買っていこうと・・・。

適当に買いました。

ミエマン醤油の伊勢うどん。尾鷲海洋深層水塩を使っているそうです。なんかすごい。

伊勢うどんは、茹で時間がそもそもめちゃくちゃ長いので柔らかく太いのが特徴。

茹でるときは、たっぷりのお湯の中で浮き上がるまでは放置。

ほぐすとぶちぶち切れてしまいます。

中身はこんな感じ。伊勢うどんはしっかりくっついていました。とりあえずお湯に入れて放置。

そのうち浮き上がって、つんつんとお箸で優しくつつくとほぐれました。

その後もあまり混ぜずに茹でました。

伊勢うどんと伊勢カレーうどん

一つは定番の伊勢うどん。

お湯をきって、器に入れてたれをかけます。お湯はちゃんと切ったほうが味が薄まらなくていいです。

トッピングは生卵とネギ。天かすとかあるとよりおいしいです。

定番のタレは甘めで、うどんも柔らかいから風邪の時とか食べたくなる味。優しい。

甘い味が好きじゃないんですが、夫も伊勢うどんは美味しい美味しいと食べます。

実は前にも一度伊勢うどんを買ったことがあるんですが、その時に買った黒カレーうどんの粉を使ってもう一つはカレーうどんに。

カレーの粉にちょこっとだけお湯を入れてときます。あまり薄くすると混ぜうどんぽくならないので、最初は少な目に。

麺とカレーを和えて、トッピングに茹で豚バラとネギと生卵。

カレーに生卵は最強の組み合わせだと思う・・・。でもやっぱり定番の伊勢うどんが一番かも。

伊勢うどんを家で作るレシピは?

伊勢うどんは実は家で作れます。

おすすめとしては太めのうどん。そのうどんをとにかく茹でます。

既定の時間より相当長く茹でます。最初は罪悪感でドキドキするんですが、10分くらい追加で茹でるだけでも結構伊勢うどん感がでます。

初めてやったときは10分追加茹でしたくらいで怖くなって食べたんですが、そのあともうちょっと茹でておけばよかったなぁと思います。

風邪のときは長めに茹でるとかいいますが、それより長く茹でても意外とまずいうどんにはならないので、やっぱり伊勢うどんはすごい。

固いうどんファンの人もぜひ心を一度オープンにして食べてみてほしいですw

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる