MENU

鶏だけじゃない【やきとり食堂 はなとかめ】@十三駅

目次

焼き鳥もお造りも楽しめるおしゃれなお店

十三駅近くにある焼き鳥食堂 はなとかめ にいきました。

メルペイとかiD払いができるので選んだのですが、雰囲気もとてもいいあたりのお店でした!

入り口はちょっとカフェぽいような優しい雰囲気。

カウンターのみの席です。椅子がめちゃくちゃ高いですw

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋

お通し

・お通し300円

イカときゅうりとわかめの酢の物

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋 お通し

テーブルがおしゃれ

テーブルがガラス張り?になっていて、花が一杯ですごく綺麗です。華やか。

まずはビール(495円)

店員さんはご夫婦とバイトの女性でしょうか?一見さんの私達にも優しい雰囲気で接してくれました。

たまに常連さんに優しいけど、新しいに塩対応のお店もあるのでこれは嬉しい・・・。

とくに前にいた若い店員さんはゆったりした雰囲気がよかったです!安心してたのめました

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋 ビール

おばんざい

・おばんざい(各種330円)

今回は頼まなかったんですが、おばんざいを頼んでちびりと飲むのも良さそうなくらい美味しそうでした。

ナスの味噌煮込み?とか油揚げのなにか・・・とか笑

とりあえず見た感じ全部美味しそうでした。

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋 おばんざい

うまずらはぎのお造り

・ウマヅラハギのお造り 1000円

肝もついてきました~!

お花もあって華やか。珍しいですよね。お花を添えたりするのは。気分も上がるしいい。

そしてお造りも美味しかったです。

肝もついてくるので、わさびと肝をつけて食べるとお酒にめちゃくちゃ合います。

なのでここで日本酒を注文。

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋 ウマヅラハギ 刺し身

日本酒①

・上喜元 616円

やっぱりお造り食べてると日本酒を飲みたくなる。

我が家では生牡蠣も白ワインよりも日本酒のほうが合わせやすいし、臭みも飛ばしてくれて、本当に日本酒ってお魚を食べる日本人に向けたものだな・・ってしみじさせるやつとして通っています。

私もかなり臭みに敏感なので、日本酒合わせると神的に美味しくかんじちゃう。

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋 日本酒

イカの肝焼き

・イカの肝焼き 550円

ちょっとしょっぱかったですが、おつまみとしてならいける!

でもちょい塩辛かったw

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋 イカの肝焼き

焼き鳥いろいろ

焼き鳥色々頼みました。

1本から頼めるのはありがたい。ここにもお花が!

塩とタレが選べるので、基本塩で!おいしかったです。ちびちび食べながら飲むのに最適。

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋 焼き鳥

日本酒②

・純米うすにごり 510円

にごり酒です。たっぷりはいってこの値段!

頼もうと思ったお酒がなかったのですが、メニューにないお酒を出してくれました。

濾過してないのでちょっときつめ。でもいい甘みでおいしい。

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋 日本酒

トビウオ

・トビウオのお造り 550円

このお店完全に焼き鳥屋さんだと思ってたんですが、お魚もあるのが嬉しい。

常連さんも多そうだったので、日々すこしづつ変化させてるのかなぁと思いました。

こういうお店は本当にありがたいですよね。

やきとり食堂 はなとかめ 十三 おすすめ居酒屋 お造り

支払い方法が多い!

ありとあらゆる電子マネーで支払える

クレジットカードや、交通系、Apple Pay、iD払い、クイックペイなどで支払いが可能です。

QRコード決済は出来ないので注意。

やきとり食堂 はなとかめ 電子マネー 支払い方法 十三 おすすめ居酒屋

やきとり食堂 はなとかめ メニュー

やきとり食堂 はなとかめ メニュー 十三 おすすめ居酒屋
やきとり食堂 はなとかめ メニュー 十三 おすすめ居酒屋
やきとり食堂 はなとかめ メニュー 十三 おすすめ居酒屋
やきとり食堂 はなとかめ メニュー 十三 おすすめ居酒屋
やきとり食堂 はなとかめ メニュー 十三 おすすめ居酒屋
やきとり食堂 はなとかめ メニュー 十三 おすすめ居酒屋
やきとり食堂 はなとかめ メニュー 十三 おすすめ居酒屋

【やきとり食堂 はなとかめ】の基本情報

住所:〒532-0024 大阪府大阪市淀川区十三本町1丁目4−22
電話番号:06-7220-6694
営業時間:月~土 17:00~25:00

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる