MENU

【フレッツ姫島】品揃えはちょっとしたスーパー並み

目次

姫島で一番遅く空いているスーパー百均!

駐車場には証明写真の機械もある

証明写真は早めに準備するのが一番なんですが、ついついギリギリまで準備せずに朝とってしまいます。

そんなときにありがたい!フレッツの1階駐車場には証明写真の機械があるのでいつでも写真を撮れます。

100均 フレッツ姫島 証明写真 駐車場

フレッツの駐車場は40分無料

フレッツの駐車場は40分無料です。40分以上止める人はなかなかいないのかも・・・。

ちなみに40分以内の場合は、特に何もせずに出庫できるようです。

先日、5分しかはいってなくて数字を入れたけどどうしたらいいのかとパニックになっている人がいて、上に聞きに行っていました。

結局何もしなくていいということだったみたいです。

100均 フレッツ姫島 駐車場

入り口にはガチャガチャがたくさんある

入口の前にはガチャガチャが並んでいます。

かなりたくさんあるので、いつも子供たちがどれにしようか迷っています。

100均 フレッツ姫島 ガチャガチャ

個性的な商品が多い

韓国食材コーナー

入口を入ると目の前に韓国食材コーナーがあります。

韓国のお酢ののみものや、ラーメン類などがあります。

100均 フレッツ姫島 韓国食材

アクセサリーコーナー

アクセサリーコーナーも大きめです。ネックレスや指輪やイヤリングなどが置いてあります。

なぜかアクセサリーが本当に多いんですよね・・・。この辺はアクセサリーを売ってるところもすくないので、ここで買う人が多いのかもしれません。

100均 フレッツ姫島 アクセサリー イヤリング ピアス

園芸用品・造花コーナー

園芸用品は、あまり多くありませんが、基本的な用品はそろいます。

もし足りない場合は、DAISO姫島店にいけば多分見つかると思います。

そしてなぜか造花の種類が多め。姫島はちゃんと何処のお店も商品があまり被っていないのでおもしろい。

100均 フレッツ姫島 園芸 雨具

食器類が豊富

フレッツは100均というより何でも手に入る系100均なので、食器の種類もとても多いです。

和食器も洋食器もあってたまに高見えの食器もあるので侮れません。

100均 フレッツ姫島 食器

グラスの種類も多いです。

アイスクリーム用のグラスもありました。

100均 フレッツ姫島 グラス 食器
100均 フレッツ姫島 食器 カトラリー

フライパンはなぜか26cmの大きなものがありました。これはほぼ1000円です。

調理器具はあまりないので、深い鍋が欲しい場合はDAISO姫島店かイズミヤ福町店に行くのがおすすめです。

100均 フレッツ姫島 フライパン 調理器具

お弁当・ピクニック用品

100均 フレッツ姫島 弁当用品 ピクニック用品
100均 フレッツ姫島 お弁当

弁当やおにぎりがあることも

時間帯によっては、お弁当やサンドイッチやおにぎりがあることもあります。

夜中にはほぼありませんが、昼間に行くとあるときも。

火・木・土はおにぎり3つで200円のセールがあるので、コンビニより安く買えます。

100均 フレッツ姫島  弁当 ジュース 卵

飲み物・食品コーナーが大きい

ソフトドリンクコーナー

100均とは思えない種類のドリンクや食品が売っているのも大きな特徴です。

100均 フレッツ姫島 ジュース

冷凍食品コーナー

100円のもの以外が多いですが、冷凍食品も扱っています。

なので突然友達が来た時でも、飲み物やちょっとしたおつまみを買うことが出来ます。

100均 フレッツ姫島 冷凍食品
100均 フレッツ姫島 冷凍食品

アイスクリームコーナー

100均 フレッツ姫島 アイス

レジ横のイベントコーナー

100均 フレッツ姫島 イベントコーナー
100均 フレッツ姫島 鍋スープ

フレッツ姫島は100均なのにお酒とおつまみが豊富

100均ではなくてスーパーなのでは?と思うくらいおつまみ類が充実しています。

チキンナゲット、フライドチキン、ソーセージ、ウィンナー、ピザなどがあります。

100均 フレッツ姫島 フライドチキン  チキンナゲット ピザ

お酒も、チューハイ、ビール、ハイボールなど種類が多いので、コンビニより重宝します。

100均 フレッツ姫島 お酒

ワイン、マッコリ、日本酒、焼酎、レモンサワーの素もあるので、もう怖いものなしです。

100均 フレッツ姫島 珍味 お酒

フレッツ姫島は電子マネーが使える

フレッツ姫島ではコード決済の電子マネーが使えます。

・PayPay
・d払い
・メルペイ
・Lineペイ
・楽天ペイ
・auペイ
・Aliペイ
・WeChatペイ

100均 フレッツ姫島 支払い方法
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる